まったりゆったり一口馬主

アクセスカウンタ

zoom RSS レッドクロスと種牡馬ブライアンズタイム

<<   作成日時 : 2009/09/08 22:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

レッドクロスがいよいよ今週の入厩に向けて動き出しましたね^^
そこで今回は父ブライアンズタイムについて、ちょこっと綴らせてもらいます。

画像

                 ブライアンズタイム〜東京TCのHPより

種牡馬ブライアンズタイムと聞いて思い浮かべるイメージは?
・三冠馬ナリタブライアン、長距離GI4勝マヤノトップガン等を輩出。
・最近の産駒は芝よりもダートで走る印象がある。
・往年の勢いは影を潜め、過去の種牡馬といった印象がある。
・産駒は使い詰めといわれるくらい使ってこそ素質が開花する。

私のブライアンズタイムに対するイメージというものは、
大まかに上記4点になるかと思います。

主な代表産駒はシルクジャスティス、ファレノプシス、
タニノギムレット、サニーブライアン、チョウカイキャロル…
ものすごい馬たちばかりですね。
最近ではヴィクトリー、ワイルドワンダー、マイネルチャールズといった
馬たちの活躍が目に付きますが、往年の名馬たちと比べると、
少々迫力に欠け、小粒な印象は否めません。

また産駒の出走回数は8857回、勝利数は861、(2009.9.6終了時点)
その内訳は芝で301勝、ダートで541勝、障害で19勝となっています。
勝ち鞍の割合は芝35%に対して、ダート63%ですから、
やはり圧倒的にダートでの勝利数が多いようです。

産駒数は2002年産の108頭を天井に、年々減り続けており、
2007年産は31頭とさびしいものになっています。(登録馬のみ)
当然勝利数も産駒数に比例してきているものと思われます。
↑まぁ今年で24歳ですからね、ある意味絶倫?

最後に調教師との相性について調べてみました。
この産駒は使ってこそ良くなるという先入観を持っていたため、
馬優先主義の藤沢先生とはさぞかし相性悪いんだろうなぁ…
と勝手に想像しておりましたが、意外なことに、
産駒の勝ち数は25勝で堂々のトップ!
数を使っているから勝利数も多いんじゃないの?と思い、
勝率も調べてみたところ、13.7%とこちらもトップクラス^^
やはり並ではありませんね、もうじき1000勝というのもうなずけます。

ひとりよがりの乱文、長文に最後までお付き合いいただき、
誠にありがとうございました。
最後の最後にレッドクロスのデビュー戦を予想してみました。
10月18日(日)4回東京4日目3R芝1800m^^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
藤澤先生とブライアンズタイム産駒って相性がいいんですね!!!うれしい結果ですね♪(*゜∀゜*)

最近は減ってきたということですが、ヴィクトリー、マイネチャールズとちゃんと重賞馬がでていますので、まだまだ力のある種馬ですね!

無事、入厩となりましたし、頑張って欲しいですね☆
まめごま
2009/09/12 16:08
まめごまさん、いつもありがとうございます。
世間で言われているほど相性悪くない、
と言うよりいいんですよ、実際は^^
私もうれしいです。
本当にがんばってもらいたいですね^^
太郎
2009/09/12 22:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Powered by 一口馬主DB
レッドクロスと種牡馬ブライアンズタイム まったりゆったり一口馬主 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる